おすすめ投稿

更新履歴

実績を3週間分追加(2017-08-31)

参考までに新たに3週間分、約15日分の実績を追加しました。
http://stl.survival.jp/wp/2017/05/20/scal-tradelab-startup/

実績を1週間分追加(2017-08-25)

参考までに新たに1週間分、5日分の実績を追加しました。
http://stl.survival.jp/wp/2017/05/20/scal-tradelab-startup/

テンプレートを更新しました(2017-08-10)

執筆内容の変化に伴い、テンプレートを更新致しました(v4)。旧版をお持ちの方は、差し替えて頂けるようお願い致します。

トレードサンプルを追加(2017-08-08)

参考までに、トレードサンプルを追加しました。セットアップページに掲載しましたので、合わせてチェック頂ければと思います。

進捗報告:70%(2017-08-06)

コンテンツ目次を修正追加しました(2017-07-27)

執筆過程でかなりの修正追加がありましたので、参考までに現時点(2万6千字程度)でのコンテンツ目次を公開しておきます。
http://stl.survival.jp/wp/index/

実績1カ月分を追加(2017/06/30)

参考までに新たに1か月分、22日分の実績を追加しました。
http://stl.survival.jp/wp/2017/05/20/scal-tradelab-startup/

実績1週間分を追加(2017-06-02)

参考までに新たに1週間分の実績を追加しました。※動画キャプチャあり。

「STL トレードマニュアル(本編)」のコンテンツ目次を一部公開しました(2017-05-27)

参考までに「コンテンツ目次」を公開致しました。随時修正追加があるかと思いますが、判断の材料になれば幸いです。

更新履歴&コンテンツ進捗報告

  • 実績を3週間分追加(2017-08-31)
  • 実績を1週間分追加(2017-08-25)
  • 実績を1週間分追加(2017-08-18)
  • テンプレートを更新しました(2017-08-10)
  • トレードサンプルを追加(2017-08-08)
  • 進捗報告:70%(2017-08-06)
  • 進捗報告:68%(2017-08-02)
  • 進捗報告:65%(2017-07-29)
  • 進捗報告:63%(2017-07-27) & コンテンツ目次を修正追加しました
  • 進捗報告:60%(2017-07-25)
  • 進捗報告:55%(2017-07-23)
  • 進捗報告:50%(2017-07-21)
  • 進捗報告:45%(2017-07-11)
  • 進捗報告:40%(2017-07-08)
  • 進捗報告:35%(2017-07-05)
  • 進捗報告:20%(2017-07-04)
  • 進捗報告:10%(2017-06-30)
  • 実績を1か月分追加(2017-06-30)
  • 進捗報告:5%(2017-06-11)
  • 実績を1週間分追加(2017-06-02)
  • 進捗報告:1%(2017-05-31)
  • 「STL トレードマニュアル(本編)」のコンテンツ目次を一部公開しました(2017-05-27)
    参考までに「コンテンツ目次」を公開致しました。随時修正追加があるかと思いますが、判断の材料になれば幸いです。
  • ブログコンテンツに「お知らせ」を追加しました (2017-05-25)
    「世の中に溢れるFX教材販売者に関するアレ」http://stl.survival.jp/wp/trade-yomoyama/
  • 「STL トレードマニュアル(セットアップ編)」を公開しました (2017-05-24)
    https://www.dlmarket.jp/products/detail/490557
  • ブログコンテンツに「Q&A」を追加しました  (2017-05-24)
    http://stl.survival.jp/wp/qa/
  • ブログコンテンツに実績を追加しました (2017-05-23)
    http://stl.survival.jp/wp/2017/05/20/scal-tradelab-startup/
  • DLmarket登録完了&ブログ作成しました (2017-05-23)

はじめに

はじめまして。「ScalTradeLab:Blog」管理人のichi(イチ)と申します。

当方は、FX専業1年弱のド短期:スキャルパーです。毎月およそ100~200PIPS程度を目標にしています。

ご紹介する手法は、もともとは友人、知人向けにまとめたものですが、少しでも稼ぎの足しに成ればと、約17週間分の履歴と合わせて、公開致します。

※上記の公開理由からも分かるかと思いますが、当方の資産規模や建て玉の大きさは、現状まだまだ微々たるものです。専業にも様々な段階がありますので、その点をご了承ください。

↓以下の画像は、手法を公開するにあたり、パフォーマンスをより、分かりやすくお伝えするため、MT4にてトレードを行い、HTさんのインジ(MT4 HT_Result_Table)にて、試行回数や勝率、獲得PIPS等を記録したものです。

※2017年3月前後のおよそ1カ月分を、1週間ごとに記録しています。

(※上記のチャート設定は撮影上のものです。MAのみ表示していますが、実際にトレードを行う際には異なります。)

(※上記画像の通り、およそ試行回数600回に対して勝率は7割程度です。プラスで決済するという観点では、それなりの期待値があると思います。もちろん、RRRが悪いので、使い方次第とは思います。)

ご紹介する超短期のスキャルピング手法は、回数やポイントを厳選したり、長持ちをすれば別ですが、通常、手数料等を考慮すれば、海外口座では赤字になる可能性が非常に高いです。ここでは便宜的に勝率や獲得PIPS等をお伝えするために、MT4口座のログを上げていますが、ご活用の際には、国内口座を前提にお願い致します。

また、ブログ執筆時点(2017/05/20)での先週の収支も上げておきます。こちらは国内口座の約定履歴となります。(※実損益、建て玉等は非表示にさせて頂きます)

(05/15~05/19)

※1番下が週間収支となります

※GIF動画でキャプチャしたもの

2017/06/02 追加

(05/29~06/02)

※1番下が週間収支となります

※GIF動画でキャプチャしたもの

※GIFアニメが再生されない場合は、↓ Youtube版をどうぞ 内容は同じです

※ご紹介している画像の通り、負け越す日や週などもあり、常にDDはあります。あくまで、一定の技術を身に着けた場合の安定感や目指す成績のイメージとして、参考程度に留めてください。

2017/06/30 追加 17年06月の営業日22日分(日単位)

※どれくらいの頻度でプラスにし、マイナスが発生しているのか?参考までに。マイナス分については赤で伏せさせて頂いてますが、雰囲気が伝われば幸いです。この月はプラス17日、マイナス5日ですので、単純な日毎の勝率は7割程度です。もちろん、調子が良いときと悪いときでは勝率や獲得PIPSの振れ幅はありますのでご注意ください。

2017/08/31 追加 17年08月の営業日23日分+前後2日分(日単位)

(07/31-08/11) 第1週~2週 10日分

※クリックして拡大

↑(07/31-08/11)の第1~2週は、比較的アグレッシブに攻めており、比較的大きく取れています。

それに対して↓(08/14~09/01)の3週以降は、防御力重視に切り替えたトレード内容になっており、狙う値幅が小さくなっています。

2017/08/18 追加

(08/14~08/18) 第3週 5日分

※クリックして拡大

2017/08/25 追加

(08/21~08/25) 第4週 5日分

※クリックして拡大

※クリックして拡大

2017/08/31 追加

(08/28~09/01) 第5週 5日分

※クリックして拡大

※2017年8月は、幸運にも連続プラス決済が17日間続いたこともあり、大きくも勝ちませんがケガも無い月となりました。営業日23日の内、20勝3敗で単純な日単位の勝率は8割程度となりました。

※クリックして拡大

※上記(08/14~08/18)、(08/21~08/25)、(08/28-08/31)については、チャートセットアップ&トレードサンプルのページにて約定履歴と合わせ、実際のチャートでどこで入り、利食ったかなど公開しています。どんな内容のトレードをしているか興味をお持ちの方は、ぜひ確認されてください。

もちろん、上記の画像のようにいつでも勝てるわけではありませんし、見る人が見れば、所詮その程度か・・・という、地味な収支かと思います。また、ネット上に溢れる凄腕トレーダーさんのように、大きく狙っていません。正直なところ、専業のトレーダーの中では下の下程度のレベルだと自覚しています。ですが、曲りなりにも専業の身ですので、まぐれ当たりの収支ではないということが、伝われば幸いです。

超短期のスキャルピングは、リスクリワードが悪く、コツコツドカンや凍結等の業者リスクを背負い、その上、狙える値幅も小さいですので、トレードスタイルとしては、正直、あまり美味しくないです。国内口座のスプレッドも今後、広くなる可能性は常にあり、そういう意味では、かなり将来性も不透明かと思います。

しかし、一方で現状なら、ある程度の高勝率で抜き去ることができる確実なエッジがあることも確かです。当方がお伝えできるエッジは微々たるものですが、いわゆる、スキャルパーはどんなことを行っているのか?という疑問に回答する形で、人に依っては、一定以上の価値があると思います。

トレードの勝ち方に絶対的な正解はありません。様々な相場観や手法が存在し、性格や好み、資産規模、ライフスタイル等、人に依って適切なトレード戦略や戦術は異なってくると思います。ご紹介する超短期のスキャルピング手法は、知ったからといって、誰でも劇的に勝てるようになるものではありません。ですが、行き詰っている方にとっては、何かしらの視点を獲得する、きっかけになれば幸いです。

ScalTradeLab:ichi(イチ)

※Q&Aのページはこちら>>

※コンテンツ目次はこちらから>>

※↓下記にてチャートセットアップとトレードサンプルを公開しています。

【STL トレードマニュアル(セットアップ & トレードサンプル)編】

チャートセットアップ&トレードサンプル